修士論文の発表会を行いました(2016年8月8日)

2016年8月8日(月)、川崎医療福祉大学 大学院 医療福祉マネジメント学研究科 医療秘書学専攻の修士論文の研究発表会を行いました。

西山良子さんの発表で、タイトルは「地域医療連携に係わる事務職に関する実証研究 ~近畿圏内における実態調査を中心に~」というものです。

西山さんは、社会人院生として研究に取り組み、現勤務先での課題解決へと繋がる研究成果を上げました。なお、この論文の一部は、後日、日本医療秘書実務学会の第7回全国大会で報告されることになっています。

川崎医療福祉大学 大学院では、このように社会人の方を大学院生として広く受け入れております。長期履修制度などもあります。入試は、第1期と第2期の2回があります。詳細は、大学の公式サイト(修士課程)をご覧ください。また、入学資格について、ご不明な点があれば、大学までお問い合わせください。

川崎医療福祉大学 大学院 医療福祉マネジメント学研究科 医療秘書学専攻では、皆様をお待ちしています。

【関連】「卒業生にインタビュー」(社会人大学院生と研究活動)(2016年7月)(動画)

卒業生にインタビュー

川崎医療福祉大学 医療秘書学科卒業生で、現在、大学院 医療秘書学専攻 大学院生の前原さんに、研究のお話を伺いました。

前原さんは、病院に勤務しながら、社会人大学院生として研究を行っています。

医療の場でのプロジェクトマネジメント、医療秘書の「段取りマネジメント」が研究のテーマです。

医療秘書の「段取りマネジメント」に興味のある方は、ぜひ、医療秘書学科のサマースクールオープンキャンパスにお越しください。

 

日本医療秘書学会 日野原重明賞受賞(講師 黒木由美先生)

2016年2月28日(日)に東京で開催された日本医療秘書学会 第13回学術大会において、本学科講師の黒木由美先生が「日野原重明賞(ポスター発表賞)」を受賞されました。

この賞は、日本医療秘書学会会長 日野原重明先生(聖路加国際病院理事長)の業績を記念し設けられたもので、医療秘書に関する優れた研究業績及び学会発表に対し、選考の上、授与されるものです。

タイトル「医療機関における経営者秘書の教育研修~企業秘書へのアンケート調査との比較から~」

 

「クリニカルセクレタリー®」について 日本医療秘書実務学会で発表しました

日本医療秘書実務学会 第6回全国大会が2015年8月22日(土)~23日(日)に名古屋市で開催されました。この学会は、本学医療秘書学科が発足から深く関わっている学会です。

そこで、本学科の副学科長 山本智子准教授が、医療秘書学科で養成しているクリニカルセクレタリー®について発表を行いました。

20150822_yamamoto_s

より高度な医療秘書を目指して設けられたクリニカルセクレタリー®のプログラムは、医療秘書学科のカリキュラムにプラスしているもので、昨年度より多数の学生が受講しています。
発表後、多くの聴衆の方からクリニカルセクレタリー®の教育についての質問があり、医療現場で、こういった優れた医療秘書が求められ、教育の質の充実が求められていることが分かりました。
本プログラムについては、今後一層教材やシステムを充実させることを検討しています。具体的な養成の結果などについては、また後日、ご報告します。
学会の詳細は、日本医療秘書実務学会のサイトをご覧ください(日本医療秘書実務学会 公式webサイト:外部サイトにリンクしています)。

医療消費者についてのパンフレット

岡山県消費者センターによるパンフレット『医療サービス うける前に確認しよう -私たちは医療消費者-』ができました。監修は、本学科の田村久美准教授です。

medical consumer

「医療サービスに関する全国の相談が年々増えて」いるということで、医療のサービスを受ける前に、どのような点に注意すればよいかについてのポイントが載せてあります。患者としては、自分自身のことを把握して、正確に相手に情報を提供する、相手からの情報を正しく理解するということが大切ですよね。 医療従事者も、誤解のないように詳細に説明するなどして業務を進めることが必要ですので、そういった意味でも役に立つと思います。

関連:岡山県消費生活センター (岡山県庁webサイト内

リーフレットをダウンロードすることができます(刊行物の紹介 http://www.pref.okayama.jp/site/syohi/book-index.html