プログラムの目的と内容(BP クリニカルセクレタリー育成プログラム)

クリニカルセクレタリーとは

クリニカルセクレタリーとは、診察室等の臨床現場で医師と一緒に働いて、医師の事務作業の補助はもとより、チーム医療の段取りマネジャーとして働く医療秘書のことです。

 

川崎医療福祉大学 医療秘書学科では

川崎医療福祉大学 医療秘書学科では、このような医療秘書へのニーズが高まったことから、特別教育プログラムを開発して、2014年から実践力を備えた人材育成を開始しました。

そして、2017年4月から、すでに医療現場で働かれている社会人で、よりハイレベルな専門性を修得したいと考えていらっしゃる方に、働きながら学べるよう、職業実践力育成プログラムとして、開始します。

 

プログラムの目的

医療現場の業務を効率化するために、医師の事務作業(電子カルテ入力、診断書作成等)を補助し、また、チーム医療におけるコミュニケーションを円滑にし、医療現場における業務の段取りをマネジメントできる人材(クリニカルセクレタリー)を育成します。

 

プログラムの内容

育成プログラムは、「医師の事務作業領域」と、「段取りマネジメント領域」から構成されています。

段取りマネジメント領域には、国際的プロジェクトマネジメント標準であるPMBOK(米国PMI管理・米国国家規格)から抽出し、医療用に体系づけ、分かりやすくしたものを採用しています。

医師を主とした実務家教員により、実践力を修得できるよう、123時間で行います。

プログラムの概要

医師の事務作業領域 段取りマネジメント領域
科目名 授業時間数 科目名 授業時間数
1. 法規・法令 4.5 12. 病院組織 3.0
2. 個人情報保護 3.0 13. 段取り 3.0
3. 病院の各部門と医療内容 1.5 14. ステークホルダー特定 3.0
4. 診療録と電子カルテ 30.0 15. 段取りの計画を構成する
ための知識
10.5
5. 医療文書の作成 10.5 16. コミュニケーション・
マネジメント計画
10.5
6. 入院診療計画書 1.5 17. リスク特定 10.5
7. 手術・検査説明 1.5 18. リスク対応計画・患者安全 1.5
8.退院時 6.0 19. 臨床指標
(医療の質マネジメント)
4.5
9. がん登録 1.5 20. 医業経営指標 12.0
10. 対人コミュニケーション 1.5  
11. 患者の権利 3.0