クリニカルセクレタリー育成プログラム

川崎医療福祉大学 医療秘書学科では、社会人を対象とした「クリニカルセクレタリー育成プログラム」を開始しました。

クリニカルセクレタリーとは、医師事務作業補助者(ハイレベル)+ チーム医療の「段取りマネジャー」です。

プログラムは、医師を主とした実務家教員による、即実践力を修得できる123時間の半年コース2017年4月、開講いたしました。

2018年4月には、第2期を開始する予定です。

社会人向けに配慮された時間帯で、受講しやすく、インターネットも活用して行います。

修了時には、川崎医療福祉大学より、履修証明書を発行。履修証明は、クリニカルセクレタリーの受験資格になります。

詳細なプログラムについては、特設サイトでご確認ください。

文部科学省BPプログラムの認定を受けました(2016年12月21日)

本プログラムは、文部科学省の平成28年度「職業実践力育成プログラム」(BP)の認定を受けました。

%e5%9b%b32

文部科学省 平成28年度「職業実践力育成プログラム」(BP)の認定について(外部サイトへリンクしています)

「本認定制度は、大学・大学院・短期大学・高等専門学校におけるプログラムの受講を通じた社会人の職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的として、大学等における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを「職業実践力育成プログラム」(BP)として文部科学大臣が認定するものです。」

お問い合わせ・お申し込み

〒701-0193 岡山県倉敷市松島288
川崎医療福祉大学 医療秘書学科
クリニカルセクレタリー®育成教育プログラム係
TEL. 086-462-1111(代) (内線 54612 医療秘書学科準備室)
E-mail: msa@mw.kawasaki-m.ac.jp
https://msakw.wordpress.com/

下記のフォームからも、お問い合わせ・お申し込みいただけます。