学位記授与式

春は、別れの季節

今年も多くの学生が学位記を授与され、大学から巣立っていきました。

s_DSC_0002.JPG

学科での学位記授与

s_sotsugyou-1s_sotsuygyo-2

大学院の学位記授与式も午後に行われました。

s_insei20170314.jpg

(彼女が自分の研究について話している動画はこちらです。)

皆さん、おめでとうございます。これからのご活躍をお祈りしております。

 

修士論文の発表会を行いました(2016年8月8日)

2016年8月8日(月)、川崎医療福祉大学 大学院 医療福祉マネジメント学研究科 医療秘書学専攻の修士論文の研究発表会を行いました。

西山良子さんの発表で、タイトルは「地域医療連携に係わる事務職に関する実証研究 ~近畿圏内における実態調査を中心に~」というものです。

西山さんは、社会人院生として研究に取り組み、現勤務先での課題解決へと繋がる研究成果を上げました。なお、この論文の一部は、後日、日本医療秘書実務学会の第7回全国大会で報告されることになっています。

川崎医療福祉大学 大学院では、このように社会人の方を大学院生として広く受け入れております。長期履修制度などもあります。入試は、第1期と第2期の2回があります。詳細は、大学の公式サイト(修士課程)をご覧ください。また、入学資格について、ご不明な点があれば、大学までお問い合わせください。

川崎医療福祉大学 大学院 医療福祉マネジメント学研究科 医療秘書学専攻では、皆様をお待ちしています。

【関連】「卒業生にインタビュー」(社会人大学院生と研究活動)(2016年7月)(動画)

卒業生にインタビュー

川崎医療福祉大学 医療秘書学科卒業生で、現在、大学院 医療秘書学専攻 大学院生の前原さんに、研究のお話を伺いました。

前原さんは、病院に勤務しながら、社会人大学院生として研究を行っています。

医療の場でのプロジェクトマネジメント、医療秘書の「段取りマネジメント」が研究のテーマです。

医療秘書の「段取りマネジメント」に興味のある方は、ぜひ、医療秘書学科のサマースクールオープンキャンパスにお越しください。

 

日本医療秘書学会 日野原賞最優秀賞 受賞(大学院生 田中恵子さん)

2015年2月22日(日)に名古屋市で行われた日本医療秘書学会第12回学術大会において、本学 大学院 医療秘書学専攻の田中恵子さんが日野原賞 最優秀賞を受賞しました。

この賞は、日本医療秘書学会会長 日野原重明先生(聖路加国際病院理事長)の業績を記念し設けられたもので、医療秘書に関する優れた研究業績及び学会発表に対し、選考の上、授与されるものです。

田中恵子さん(医療秘書学専攻 修士課程2年)

タイトル「医事課職員におけるバーンアウト」(共著:田中恵子、中村健壽、福岡欣治)

keiko_t

田中惠子さん

s_IMG_0449

発表の様子

s_IMG_0539

右から、指導教員の中村健壽特任教授、田中さん、中原さん(医療秘書学専攻修了生:短大教員)、中村さん(医療秘書学専攻修了生:短大教員)

★ 関連記事: 医療秘書学専攻 修士課程 平成26年度大学院研究発表会 (2015/01/24)

★ 参考: 日本医療秘書学会 日野原賞 (大学外のサイトにリンクしています)

医療秘書学専攻 修士課程 平成26年度大学院研究発表会 (2015/01/24)

2015年1月24日(土)、川崎医療福祉大学大学院 医療秘書学専攻 修士課程の平成26年度大学院研究発表会が行われました。

田中恵子さんによる修士論文の題目は、「医事課職員のバーンアウト傾向とその関連要因 一患者接遇への注目を背景として-」というものです。

tanaka20150124

また、修士1年の西山良子さんは、地域医療連携室に着目した研究の計画を発表しました。

nishiyama20150124

*質疑応答、総評の様子

20150124_qa2

本学の大学院は、職業を持ちながら、その専門性を活かして研究を行っている大学院生が少なくないのが特徴です。今回の発表も、社会人としての問題意識から研究が始まっています。

なお、川崎医療福祉大学 大学院の試験(2期)は2015年2月20日(金)で、出願は2月9日までとなっています。