クリニカルセクレタリー第9回認定試験について

川崎医療福祉大学 医療秘書学科では、下記の要領で クリニカルセクレタリー第9回認定試験を実施します。

試験実施要領

1. 受験対象者(本学科在学生・卒業生・BPクリニカルセクレタリー受講生)
クリニカルセクレタリー研修終了者およびBPクリニカルセクレタリー育成プログラム研修修了予定者のうち受験申込者

2.試験日
筆記・実技試験:平成30年3月10日(土)10:00~12:40
面接試験:平成30年3月10日(土)13:30~

3.試験会場
川崎医療福祉大学 6105実習室、6108実習室

4.時間割
筆記・実技試験(6108実習室)
9:45 6階6108実習室へ入室・着席
10:00~11:00 筆記試験(60分)
11:10~11:25 基本能力試験(タッチタイピング)
11:25~12:00 実技試験:電子カルテ代行入力試験
12:10~12:40 実技試験:診断書代行作成(30分)

面接試験(6105実習室)
13:50~ 6階6108実習室(待機室)へ入室・着席
一人ずつ、指定された順に6105実習室へ移動(学部生については、別途指示します)

14:00~ 面接試験(6105実習室)

 

オーストラリアでの研修に参加しました!

2017年9月、オーストラリア・クイーンズランド州にあるグリフィス大学で実施される海外研修に、本学学生11名が出発しました。そのうちの2名は、医療秘書学科の1年生です。

出発から帰国までの様子は、大学のwebサイトにも掲載されています。

写真の中で、皆がサングラスをかけているのは、紫外線がとても強いため。2006年当時、オーストラリアでは、日本の8倍の紫外線だと言われていました。帽子やサングラスは必需品です。

過去の研修の様子などは、こちらをクリックしてご覧ください。

学会シーズン

秋は学会のシーズンです。

2017年9月2日(土)に倉敷市で開催された第15回日本臨床医療福祉学会に、医療秘書学科の教員と卒業生・大学院の修了生が参加し、発表してきました。川崎医療短期大学医療秘書科の卒業生の発表もありました。

内容は、医療秘書の実務や地域医療連携、医療秘書の社会人教育など様々ですが、それぞれの現場での活躍がよく分かる内容でした。

2017-09-02.jpg

20170902p

次の学会は、今週末に大阪で開かれる日本医療秘書実務学会の第8回大会です。

こちらでも、教育・実務に関する発表が多く行われ、幅広い意見交換が行われることでしょう。楽しみです。

川崎医療福祉大学 医療秘書学科サマースクール2017 のお知らせ

川崎医療福祉大学医療秘書学科では、サマースクールを開催します。

診察室で医師と一緒に働くクリニカルセクレタリーに興味があってその勉強を体験したい人、医学・医療に興味がある人、この機会に本物の医療秘書の勉強を体験してみませんか?

参加資格:高校生
開催日:2017(平成29)年8月5日(土) 9:00-11:40
(なお、翌 8月6日(日)は、本学のオープンキャンパスです)
会場:川崎医療福祉大学本館棟6階 6105実習室(岡山県倉敷市松島288)

サマースクールで勉強する内容

  • 医学的からだの部分と描き方
  • 医療秘書のお作法 (医療機関で働く際のルールやマナー)
  • 医師の隣でカルテ記載
  • だんどりマネジャーになるために 他

申込方法

下記の情報について、電話、ハガキまたはメールにて、ご連絡ください。このページにあるフォームからもお申し込みいただけます。

  1. 生徒氏名
  2. メールアドレス
  3. 学校名
  4. 学年
  5. 保護者氏名
  6. 緊急連絡先となる電話番号
  7. 郵送用の郵便番号と住所

 

申込期間: 2017年7月31日(月)まで

申込・問い合わせ先

〒701-0193 岡山県倉敷市松島288
川崎医療福祉大学医療福祉マネジメント学部
医療秘書学科 サマースクール係
e-mail: msa@mw.kawasaki-m.ac.jp
電話: 086-462-1111(代) 内線 54612 (医療秘書学科 準備室)
*この番号にかけると、川崎学園の電話交換室が出ますので、「内線番号54612」もしくは「医療秘書学科準備室」につないでもらってください。

*なお、電子メールで申込をされる場合には、川崎医療福祉大学からのメール(@mw.kawasaki-m.ac.jp のドメイン)を受信できるように設定しておいてください。

下記のフォームからも、お申し込みいただけます。

 

 

黒木由美先生、日本医療秘書学会で日野原重明賞(口頭発表賞)受賞

2017年2月19日(日)に福島県郡山市ホテルハマツで開催された日本医療秘書学会第14回学術大会において、本学科の黒木由美先生が日野原重明賞を受賞されました。

kuroki2017s

タイトルは「『段取りマネジメント』能力を備えた人材育成  ~クリニカルセクレタリー®育成プログラムの概要~」で、医療秘書学科でのクリニカルセクレタリー育成についての報告です。

川崎医療福祉大学 医療秘書学科における、このような教育の実践を広く関係者に知っていただき、日本における医療秘書のレベルの向上に尽くしていきたいと考えています。