卒業生インタビュー(2012年3月卒業)

医療秘書学科は、女子学生が多いイメージが強いようですが、男子学生も頑張っています。今回は、卒業生で、診療情報管理士として就職した、酒巻智紀君に登場してもらいました。

酒巻智紀(さかまき ともき)君のプロフィール

  • 出身高校:徳島県立阿波高等学校
  • 卒 業 年:2012年3月 医療秘書学科卒業
  • 就 職 先:徳島県立中央病院

なぜ医療秘書学科への進学を決意したのですか?

私は親の影響で、中学の時から将来は医療の現場で働きたいと思っていました。最初は看護師を目指し、地元の大学を志望していましたが、受験を迎え、自分の性格を見つめた結果、医療事務職として病院に関わる方が向いていると思うようになりました。

そんな時に川崎医療福祉大学の存在を知り、4年間で医療事務職としての幅広い知識を習得できることが分かりました。医療秘書学科では、医療秘書学のみならず、診療情報管理、診療報酬請求など、病院を総合的にマネジメントする知識・能力を身につけることができる環境が整っていると感じ、進学を決意しました。

学生時代に一番頑張ったことは何ですか?

診療情報管理士と診療報酬請求の資格試験の勉強です。私は病院就職という目標を掲げていたので、診療情報管理士と診療報酬請求事務能力認定試験の資格は、病院で働く上で必要不可欠であると考え、1年時から、計画的に学習を進めてきました。

また、机上で学習するだけでなく、ゼミ教員に診療情報管理士の方からお話を聞く機会を与えて頂き、理想の診療情報管理士像をイメージしながら学習できました。その結果として、在学中に目標としていた2つの資格を取得することができ、就職試験の際にも資格を「武器」として最大限にアピールすることに成功しました。

(川崎医療福祉大学 公式サイト 卒業生インタビューより作成 2012年5月)