日本ビジネス実務学会 学会奨励賞受賞

2012年6月9~10日に広島市で開催された日本ビジネス実務学会で、大学院 医療秘書学専攻2年次生の中原亜紀美さんと、本専攻修了生で本学助教の佐藤麻衣さんの発表が、学会奨励賞を受賞しました。 W受賞おめでとうございます。

この賞は、全国大会における全研究発表の中から優れた発表を選定し、学会の研究活動の活性化を図るために研究発表を表彰するものです。

佐藤麻衣(医療秘書学科 助教) 

  • タイトル: 「医療秘書における感情労働の理論的枠組構築に関する基礎研究―A. R. Hochschildの感情労働論アプローチを中心として―」
  • 受賞理由: 医療秘書の感情的側面を「感情労働」の観点から掘り下げたオリジナリティと、緻密な文献研究が評価された。

sato2012ab  sato2012b

中原亜紀美(修士課程 医療秘書学専攻2年) 
共著: 田村久美(医療秘書学科)准教授、中村健壽(医療秘書学科)特任教授

  • タイトル: 「秘書技能検定1級面接試験における指導方法の探求-学生主体の活動を中心に-」
  • 受賞理由: 学生が学生を指導するという特徴的な方法と、それにより得られた成果に関する調査研究が評価された。

nakahara2012a nakahara2012b